フィリピン青少年支援NGO LOOB

View this email in your browser
いいね!
フォロー
公式HP
2016年度 
教育サポーター大募集!!
~一緒に子ども達の夢を応援してみませんか?~
5月末まで受付中!!
詳細を見る
進級できました!!
昨年度は73名がLOOBの教育サポートを受け、無事進級することができました!!ご協力ありがとうございます!!(写真はカラフナン村の子ども達)
教育サポート事業とは…?

LOOBが教育サポート事業を行っているのは、
カラフナン村ナムコン村タラバハン村の3つの地域。

いずれの地域にも、通学を諦め、資源ごみを拾ったり、トライシクルの運転手をしたりして家計を支える子ども達がいます。

LOOBでは、こうした「経済的な理由で学業の継続が困難であり、卒業に意欲的な子ども」を対象に「①学資の援助」「②週末ノンフォーマル教育」の2つを提供しています。
25ペソ(1日に必要な費用)×20日(1ヶ月)×12ヶ月=6000ペソ=15,000円    
この15,000円があれば、経済的理由で通学を諦めていた子ども1人が1年間、金銭的な不安を抱えずに学校に通うことができるのです。
NGO LOOB あなたの夢はなんですか? 教育サポーター募集!

↑Play movie

大きくなったら…?

ソフィア「シェフになりたい!!」

「キャビンアテンダントになりたい!!」カィエ

エミール「船員になりたい!!」

〜LOOB KIDSの声〜

シャシャ(大学生 20歳)
彼女は現在LOOBの支援を受け大学に通っています。小学生のころから週末アクティビティに参加し、大学生になった今はLOOBの活動にボランティアに来てくれています。彼女からメッセージが届いているのでどうぞ!!


「私の母は魚の販売、父は村のガードマンをしていますが、二人の姉妹がいるので私が大学に行くのは財政的に難しく、断念していました。そんな時にLOOBを通して、日本の学生団体jolybeeさんから教育サポートを受けられることになり、とても嬉しかったです。それだけでなく、LOOBの実施する週末の英語アクティビティやキッズキャンプでは、英語を使って日本人とコミュニケーションをとることや自然を大切にする心など、学校では教わらないことにたくさん触れられたのでとてもいい経験になりました。今の目標は高校の教師になることです。その目標を持つことができているのも、みなさんのサポートのおかげです。このチャンスをもらえたことを本当に感謝しています!!」
でもまだまだ多くの子どもが学校へ行くことを望んでいます!!

例えばカラフナン村では…
ごみ山周辺に住む子どもたちは106世帯448人。
そのうち一度は学校に通うのを諦めたことがある子どもは106人。
さらにその中で現在も学校に通う事ができていない子どもは69人。
※日本の小・中学校中退率は0,0%(UNESCO 2013年)
この106世帯中LOOBが支援しているのは53世帯
まだまだ足りていないのが現状です。ナムコン村やタラバハン村でも同様です。

キャンプやスタディツアーに参加してくださったみなさんはこの状況を目の当たりにしたのではないでしょうか?たくさんの方が教育サポートに賛同のコメントを寄せてくださっていました。出会った子ども達はどうだったでしょうか。あふれでる、きらきらした可能性を感じられたのでは?彼らが機会に恵まないだけでその才能を発揮できていないとしたら…?

今これを読んでくださっているあなた。あなたにはその未来をつなぐことができます!!

フィリピンの貧困問題を一朝一夕に解決するの難しいかもしれません。
しかし、今、学校に行きたい彼らを応援することはできます!

ぜひ、LOOBの教育サポート会員になって、こうした子ども達の「夢と未来」を育む活動に参加してみませんか? ご連絡お待ちしています!!
サポート会員のみなさまには
子ども達からの手紙を7〜8月に、クリスマスカードを12月に
お届けしています!!
詳細を見る
お問い合わせ
シェアする
つぶやく
メールで共有する
Copyright © 2015 LOOB Inc., All rights reserved.
※このメールは、・現地プログラムに参加された方々・活動にご協力いただいた方々・説明会へ参加された方々・お問い合わせを頂いた方々に送付しております。
※ダイジェストマガジンの配信停止をご希望の方はお手数ですが、こちらからお手続きをお願い致します。