Copy
パートナーズ通信
ブラウザで読む方はこちらから

弁護士法人パートナーズ法律事務所ニュース

2017年10月11日配信号

 早いもので、今年も残すところ、80日余りとなりました。日本には、争いごとは年内に解決して、新しい気持ちで新年を迎えたいと思う考え方が広くあります。私たちがお引き受けしている事件・紛争も、このような気持ちに対応して11月、12月は、解決に向けた最終版の詰めに向けて忙しくなる季節です。

 当事務所では、事務所の顧問先、取引先、名刺交換をしたみなさまに、月1回、事務所の近況や企業経営と市民生活に役立つ情報を提供するためメールでニュースを配信させていただきます。
 事務所ニュースの配信を希望されない方は、下記のアドレス宛に、配信解除のご連絡を頂きますようお願いいたします。

⇒配信解除

 日常生活で起こりうる法律問題等、皆様に役立つ情報の掲載に努めて参りますので、最後までお読みいただければ幸いです。

>>INDEX
1.弁護士原和良が、「明るい失敗」を出版しました。
2.第16回人権交流集会のご案内
3.となりの弁護士(原和良)を更新しました。「お金よりも大切な報酬」

1.弁護士原和良が、「明るい失敗」を出版しました。

 
 今月17日、原和良の新刊本、「明るい失敗~身近な悩みや、ちょっとした躓きからの脱出法」が出版されます。
 ビジネスマンをはじめ、一般の方々に向けた自己啓発書です。弁護士として23年間、依頼者の躓き、挫折、失敗、逆境、と向き合ってきた経験から体験した失敗からの脱出法のアドバイスをまとめてみました。
 日本ペンクラブの活動で親しくさせていただいている作家志茂田景樹先生にご推薦をいただきました。
 アマゾンはじめ、ネットでも予約販売を受け付けております。
⇒ https://www.amazon.co.jp/dp/429540120X

2.第16回人権交流集会のご案内

 
 来る11月25、26日に、大阪で人権研究交流集会が行われます。弁護士や憲法研究者が中心として開催する集会ですが、一般の方の参加も可能です。全体会では、木村草太首都大学東京教授(憲法)、金平茂紀TBSキャスターらをパネラーとして「単なる理想か?憲法の可能性と実現力」というテーマでシンポジウムを行います。
http://jinkensyukai.com/

● 第4分科会「保育と裁判~子どもの最善の利益を守れるか」で、当事務所の北永久弁護士が、所沢育休退園訴訟の踏まえパネラーを務めます。
⇒チラシはこちらから。

● 第7分科会「人権活動のできる法律事務所~人権擁護の砦を守るために」では、当事務所の原和良弁護士が、基調報告と問題提起を行います。

3.となりの弁護士(原和良)を更新しました。

「お金よりも大切な報酬」


「明るい失敗」の本でも紹介させていただきました、田坂広志氏の仕事の報酬についての考え方について書きました。

以下のURLよりご覧ください。
http://p-law.jp/news/855/

*事務所では、ホームページで、法律コラム(月一回)の他、となりの弁護士(原和良)、磯部たなの漫遊記(磯部たな)、とある弁護士の独り言(菊間龍一)など各所属弁護士のコラム・ブログを掲載しておりますので、こちらもぜひご覧ください。


弁護士法人パートナーズ法律事務所ニュース 2017年10月11日配信号

○発行:弁護士法人パートナーズ法律事務所 東京都豊島区南大塚3-36-7 T&Tビル4F
○発行人:
弁護士法人パートナーズ法律事務所ニュース運営事務局
○お問い合わせ TEL:03-5911-3216 E-mail:info@p-law.jp


配信登録解除   登録情報更新

Email Marketing Powered by Mailchimp