Copy
パートナーズ通信
ブラウザで読む方はこちらから

弁護士法人パートナーズ法律事務所ニュース

2018年12月19日配信号

 
 街を歩くと寒風が肌に突き刺さる季節となりました。今年も残すところ後わずかとなりました。文字通りの「師走」で、当事務所のスタッフは年内の事件処理に追われる毎日を過ごしています。
 今年もよい締めくくりで新しい年を迎えたいものです。

 当事務所では、事務所の顧問先、取引先、名刺交換をしたみなさまに、月1回、事務所の近況や企業経営と市民生活に役立つ情報を提供するためメールでニュースを配信させていただきます。

 事務所ニュースの配信を希望されない方は、下記のアドレス宛に、配信解除のご連絡を頂きますようお願いいたします。

⇒配信解除

 日常生活で起こりうる法律問題等、皆様に役立つ情報の掲載に努めて参りますので、最後までお読みいただければ幸いです。

>>INDEX
1.  年末年始の当事務所の営業について
2.  セミナーのご案内
3.  東京中小企業家同友会国際ビジネス支援部主催の勉強会
4.「となりの弁護士」12月号を更新しました。「カルロス・ゴーン会長の逮捕と司法取引」

1.  年末年始の当事務所の営業について

 

  年末 2018年12月28日 17時30分まで営業
  年始 2019年 1月 7日 10時から営業

 

12月29日から1月6日まで、年末年始の営業を休業とさせていただきます。緊急のお問い合わせは、事務所のお問合せフォームにご連絡ください。
https://p-law.jp/
 

2.  セミナーのご案内


 
株式会社サニフット(http://www.sunnyfoot.com/)と一緒に、シリーズでさまざまなセミナーを行います。第1弾は、「①財テク②相続③パソコンの使い方」について、それぞれ各1時間ほどのセミナーを行います。このうち、②相続については、弊所弁護士磯部たなが担当いたします。セミナー後には、懇親会(お茶会)も予定しています。是非ご参加ください。


日時:2019年1月27日  13時~14時半
(セミナーは1時間の予定です。)
場所:サニフット会議室
(JR大塚駅より徒歩5分,豊島区南大塚2-42-6-3F)
講師:弁護士磯部たな
参加費:1,000円
(事前にお申込みをお願いいたします。)


⇒チラシはコチラ

 
 

3.  東京中小企業家同友会国際ビジネス支援部主催の勉強会



 東京中小企業家同友会国際ビジネス支援部(原和良部会長)では、来年度のテーマとして「日本の国際化にどう対応するか?」をテーマに連続した企画・勉強会を行います。企画は、行政、民間企業、研究者、当事者などの多角的観点から行う予定ですが、その第1回として、現在国会で大きな議論となっている外国人労働者受け入れ問題(入管法改正法案)について、外国人技能実習生問題について取り組んできた第一人者である指宿昭一弁護士を呼んで、技能実習生の実態、法案の問題点、あるべき日本の国際化・外国人雇用についてお話をしてもらいます(https://www.youtube.com/watch?v=zr4FmEJPHE8)。


日時:2018年2月15日(金) 18時30分~
場所:弁護士法人パートナーズ法律事務所会議室
テーマ:「入管法改正で、日本の労働市場はどうなるか?外国人労働者との共生の道をさぐる(仮題)」
講師:指宿昭一弁護士
参加資格:中小企業経営者その他この問題に関心のある方

4.「となりの弁護士」12月号を更新しました。

 

「カルロス・ゴーン会長の逮捕と司法取引」

以下のURLよりご覧ください。
https://p-law.jp/news/1042/

 

*事務所では、ホームページで、法律コラム(月一回)の他、となりの弁護士(原和良)、磯部たなの漫遊記(磯部たな)など各所属弁護士のコラム・ブログを掲載しておりますので、こちらもぜひご覧ください。


弁護士法人パートナーズ法律事務所ニュース 2018年12月19日配信号

○発行:弁護士法人パートナーズ法律事務所 東京都豊島区南大塚3-36-7 T&Tビル4F
○発行人:
弁護士法人パートナーズ法律事務所ニュース運営事務局
○お問い合わせ TEL:03-5911-3216 E-mail:info@p-law.jp


配信登録解除   登録情報更新

Email Marketing Powered by Mailchimp