Copy
パートナーズ通信
ブラウザで読む方はこちらから

弁護士法人パートナーズ法律事務所ニュース

2018年02月08日配信号

 早や、2018年も12分の1があっという間に過ぎました。東京は、寒波の影響で積雪もありこの1か月、寒い日々が続きました。インフルエンザも大流行のようです。春が恋しい気持ちになりますが、厳しい冬の季節があってこそ、人間もビジネスも強くたくましく成長することができます。
 寒さに負けず、健康に留意して寒い冬を乗り越えたいものです。

 当事務所では、事務所の顧問先、取引先、名刺交換をしたみなさまに、月1回、事務所の近況や企業経営と市民生活に役立つ情報を提供するためメールでニュースを配信させていただきます。
 事務所ニュースの配信を希望されない方は、下記のアドレス宛に、配信解除のご連絡を頂きますようお願いいたします。

⇒配信解除

 日常生活で起こりうる法律問題等、皆様に役立つ情報の掲載に努めて参りますので、最後までお読みいただければ幸いです。

>>INDEX
1. 新しい時代を予感する、AI、IOT、仮想通貨
2.「本人特定事項の確認」のお願い
3.日本理化学工業企業視察会」のお知らせ(まだ若干の余裕があります)
4.となりの弁護士(原和良)2月号を更新しました。「人権弁護士は、もっと企業法務にコミットすべきである」

1.新しい時代を予感する、AI、IOT、仮想通貨

 

 昨年から今年にかけては、私たちのビジネスにおいても新しい時代の到来を予感させるニュースが、いくつかありました。AI(Artificial Intelligence:人工知能)やIOT(Internet Of Things ありとあらゆるモノがインターネットに接続する世界)、仮想通貨などもそのカテゴリーの一つです。インターネットテクノロジーの進歩は、私たちを否応なく新しい時代への適応を要求しています。30年前、パソコンの普及は、私たちのビジネスのあり方を激変させました。電子メールや携帯電話、そしてスマートフォン、SNS(Social network service)の発達は、人のコミュニケーションのスタイルを大きく変化させています。
 昨年4月1日には、仮想通貨規制に関連する法律及び「銀行法施行令等の一部を改正する政令等」が施行され、国税庁も仮想通貨取引に関する所得税課税の基本指針を発表しました(※1)。さらに今年の1月には、仮想通貨取引所の一つであるコインチェックが、580億円もの巨額の預り資金が不正流出の被害にあうニュースが世間を騒がせました(※2)。これからも、仮想通貨取引には、様々な試行錯誤が予想されますが、貨幣経済が大きな転換点にあることは間違いありませんし、新たな形態の取引の出現に対して法律専門家がどう向き合うのか私たち自身の課題となっており、研究が求められています。

※1 金融庁ホームページ⇒こちら 国税庁個人課税課情報PDF⇒こちら
※2 参考記事⇒こちら

2.「本人特定事項の確認」のお願い



 2018年1月より、日本弁護士連合会の規定にて、弁護士が依頼者の本人特定事項の確認・記録の保存・報告等を行うことが義務付けられました。これは、弁護士が犯罪収益の移転行為(マネーロンダリング)に関与しないことを確保することを目的としたものです。
 当事務所においても、法律事務の依頼を受ける際に、個人のお客様につきましては運転免許証等の身分証明書、法人のお客様につきましては登記事項証明書などを提示頂き、コピーをとらせて頂くことがあります。
 詳しくは、担当弁護士にお尋ね頂くか、下記リーフレット(※)をご覧ください。お手数をお掛けいたしますが、ご協力をお願い致します。

※リーフレットは、こちらからダウンロードいただけます。



 

3.「日本理化学工業企業視察会」のお知らせ(まだ若干の余裕があります)


 
 一般社団法人豊島いい会社づくり推進会(当事務所が協賛)は、下記の日程で日本理化学工業株式会社の企業訪問・視察を行います。
 坂本光司法政大学政策創造研究科教授のベストセラー「日本で一番大切にしたい会社」で最初に取り上げられた有名な会社です。社員の7割以上が障がい者のチョークの製造会社です。定員20名と参加人数が限られていますのでお早目の申し込みをお勧めします。


  【日時】2018年3月6日(火)
      13時30分~15時30分
  【場所】日本理化学工業株式会社本社工場
     (神奈川県川崎市高津区久地2-15-10)

  詳しくは、申し込みチラシをご参照ください⇒こちら
 

 
 

4.となりの弁護士(原和良)2月号を更新しました。

「人権弁護士は、もっと企業法務にコミットすべきである」


以下のURLよりご覧ください。
http://p-law.jp/news/911/
 

*事務所では、ホームページで、法律コラム(月一回)の他、となりの弁護士(原和良)、磯部たなの漫遊記(磯部たな)など各所属弁護士のコラム・ブログを掲載しておりますので、こちらもぜひご覧ください。


弁護士法人パートナーズ法律事務所ニュース 2018年02月08日配信号

○発行:弁護士法人パートナーズ法律事務所 東京都豊島区南大塚3-36-7 T&Tビル4F
○発行人:
弁護士法人パートナーズ法律事務所ニュース運営事務局
○お問い合わせ TEL:03-5911-3216 E-mail:info@p-law.jp


配信登録解除   登録情報更新

Email Marketing Powered by Mailchimp