Copy
パートナーズ通信
ブラウザで読む方はこちらから

弁護士法人パートナーズ法律事務所ニュース

2021年09月30日配信号

 
 猛暑も過ぎ、すっかり秋の気配が感じられる季節になりました。9月30日をもって東京はじめ全国的に緊急事態宣言や蔓延防止等重点措置が解除されることになりました。
 コロナワクチンの接種、治療方法や治療薬の開発により新型コロナウイルス感染による重症化のリスクは一時期よりも低下傾向にありますが、これから冬に向けて更なるウイルス変異株の流行や第六波の到来も危惧されるところです。 
 新型コロナウイルスとのたたかいは、まだまだ長丁場なものとなりそうです。

 当事務所は、中小企業、個人事業者の営業とそこに働く社員の皆様の生活を守ることを使命とする法律事務所として、今後も全力でサポートをしていく所存です。
 当事務所では、事務所の顧問先、取引先、名刺交換をしたみなさまに、月1回、事務所の近況や企業経営と市民生活に役立つ情報を提供するためメールでニュースを配信させていただきます。

 事務所ニュースの配信を希望されない方は、下記のアドレス宛に、配信解除のご連絡を頂きますようお願いいたします。

⇒配信解除

 日常生活で起こりうる法律問題等、皆様に役立つ情報の掲載に努めて参りますので、最後までお読みいただければ幸いです。

>>INDEX
1.  セミナー「ミャンマー経済の今後と日本の中小企業にできること」のお知らせ
2.  中小企業法務チャンネル(YouTube配信)

3. となりの弁護士9月号「ナンバー1とナンバー2」を掲載しました。
4. 2021年8月3日配信号の訂正 

1. セミナー「ミャンマー経済の今後と日本の中小企業にできること」のお知らせ


 一般社団法人東京同友会国際ビジネス支援部会(原和良部会長)では、ミャンマー出身の実業家である松本ミン氏を迎えて、軍事クーデター後のミャンマーの現状と今後の展望についてお話をしていただきます。
 ミャンマーに関心のあるみなさまのご参加をお待ちしています。

日時: 10月4日(月)18:30~20:30

場所: 東京同友会事務局会議室+ZOOMによるハイブリッド企画(コロナ感染の拡大状況により、ZOOM参加のみの企画に変更になる場合がございます)

報告者:松本ミン氏(ミャンマーブリッジ株式会社代表取締役)

コーディネーター:岸井幸生氏(岸井幸生公認会計士事務所東京同友会世田谷支部支部長)

参加費:1000円

チラシはこちら
参加登録はこちら

2.  中小企業法務チャンネル(YouTube配信)


中小企業法務チャンネルでは、原和良弁護士に加え、今回から新たに磯部たな弁護士が、中小企業の抱える法律問題等をYouTubeで配信しています。

▪️今回の磯部弁護士のテーマは「ビジネスと人権」です。
【弁護士が解説】ビジネスと人権問題。ミャンマー軍のクーデターによるロヒンギャ族問題、ウイグル自治区と不買運動、ブラック企業と人権

★目次★
00:00〜テーマの紹介
01:21〜 日本と世界の人権意識の相違
03:16〜 ブラック企業と人権
05:16〜 国際的な流れ
06:29〜 ビジネスと人権に関する指導原則
08:27〜 日本の現状とこれから


▪️原弁護士の今回のテーマは、「事業者が注意すべき6つの法的リスク」です。

①事業開始時編
【弁護士が解説】スタートアップ企業の法的リスク。ネイルサロン開業時の不動産賃貸トラブル事例と株主の権利・デッドロック

②契約締結時編
【弁護士が解説】有利な契約書と不利な契約書。事業上の取引行為のリスク!賃貸借契約書・金銭消費貸借契約書など

③債権回収のリスク編
【弁護士が解説】債権回収のリスク回避!保証人と連帯保証人・会社の倒産と破産の違い・時効に注意して回収可能性を高める

④事業経営上のリスク編
【弁護士が解説】個人情報保護法違反、反社会勢力、営業取引や接客・交通事故でのクレーム対応等の事業経営で起こるリスク

⑤知的財産権編
【弁護士が解説】知的財産権(特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権)をわかりやすく解説。youtubeでの音楽・画像引用、権利の侵害

⑥雇用契約編
【弁護士が解説】雇用契約・従業員とのトラブルリスク。解雇・就業規則・未払い残業代請求・同一労働同一賃金

原弁護士が解説している動画のリンクのまとめはこちらから
⇒ https://bengoshihoken.jp/archives/staff/haralawyer


【YouTube】中小企業法務チャンネル

   

3.  となりの弁護士9月号「ナンバー1とナンバー2」を掲載しました。

 
全文はこちら
 

4.  2021年8月3日配信号の訂正

 
2021年8月3日配信号について、以下のとおり誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。


(1)「2.逆転勝利判決(寺澤春香)」の本文中、「(第253条 1 項5号)」とあるのを「(第253条 1 項6号)」に訂正する。

(2)上記リンク先(「⇒詳細はこちら」)のPDFファイルについて、タイトル及び本文4行目の「(第253条 1 項5号)」を「(第253条 1 項6号)」に訂正する。

 

*事務所では、ホームページで、法律コラム(月一回)の他、となりの弁護士(原和良)、磯部たなの漫遊記(磯部たな)など各所属弁護士のコラム・ブログを掲載しておりますので、こちらもぜひご覧ください。


弁護士法人パートナーズ法律事務所ニュース 2021年09月30日配信号

○発行:弁護士法人パートナーズ法律事務所 東京都豊島区南大塚3-36-7 T&Tビル4F
○発行人:
弁護士法人パートナーズ法律事務所ニュース運営事務局
○お問い合わせ TEL:03-5911-3216 E-mail:info@p-law.jp


配信登録解除   登録情報更新

Email Marketing Powered by Mailchimp