Copy
パートナーズ通信
ブラウザで読む方はこちらから

弁護士法人パートナーズ法律事務所ニュース

2016年02月29日配信号

 当事務所では、事務所の顧問先、取引先、名刺交換をしたみなさまに、月1回、事務所の近況や企業経営と市民生活に役立つ情報を提供するためメールでニュースを配信させていただきます。
 事務所ニュースの配信を希望されない方は、下記のアドレス宛に、配信解除のご連絡を頂きますようお願いいたします。

⇒配信解除

 日常生活で起こりうる法律問題等、皆様に役立つ情報の掲載に努めて参りますので、最後までお読みいただければ幸いです。

>>INDEX
1.ブラック社労士の懲戒処分
2.林弁護士の毎日新聞記事,第三者機関で審議へ
3.(株)宏和商工 日立酒蔵見学会へ参加しました
4.弁護士向け研修用DVDを発売

1.ブラック社労士の懲戒処分


 愛知県で、嫌な従業員を退職、うつ病自殺に追い込む方法をブログに記載した社会保険労務士が、このたび業務停止3か月の懲戒処分を受けました(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000112858.html)。

 私たち士業は、法律専門家として多くの企業から相談、事件の依頼を日常的に受けています。企業のコンプライアンス(法令遵守)の重要性が最近強調されていますが、士業にとって企業のコンプライアンスが充実する方向でのアドバイス、紛争解決が本来の役割です。当事務所でも、企業の紛争をより高い倫理性、長期的視野から解決するという視点に立ち解決を心がけています。短期的には有効な法的手段であっても、それが従業員・事件関係者の基本的人権を侵害する場合、脱法的な解決の相談を受けたときは、時にはクライアントと対決したり、依頼自体をお断りする、という高い倫理性が要求されます。

 これは、何も士業やわれわれ弁護士に限った問題でありません。企業が、社会にとって利益をもたらす行動基準をもって企業活動をしているか、常に問われる問題です。

2. 林弁護士の毎日新聞記事,第三者機関で審議へ


 毎日新聞の年頭企画「憲法のある風景」に,私(林純子)のインタビュー記事が掲載されました(平成28年1月4日付朝刊)。しかし,その内容は,私が説明した事実を切り貼りし,事実を捻じ曲げ,もともと用意されていたのであろうストーリーに沿う形に書き換えられたものでした。言ってもいない言葉を言ったとされ,思ってもいないことを思ったとされ,私とは別の人格が記事の中で作られていました。

 結果として,同社からは「謝罪」をされましたが,その内容は,同社側の一方的な主張を振りかざすもので,到底受け入れられるものではありませんでした。また,同社内で,なぜこのような記事になってしまったのかを検証している様子もなく,同じことが繰り返されるおそれが高いと判断したため,私たちは,同社の設置している「開かれた新聞委員会」(第三者委員会)に申立てることにしたものです。

 詳しい経緯は,楊井弁護士(日本報道検証機構代表)の記事をご一読ください。
 http://bylines.news.yahoo.co.jp/yanaihitofumi/20160225-00054728/
 http://bylines.news.yahoo.co.jp/yanaihitofumi/20160225-00054717/

 今回の件では,たくさんの方にご心配をお掛けしてしまい,申し訳ありませんでした。そして,多くの方からご支援の言葉をいただき,心より感謝しております。誤解が生じないようにひとつひとつ丁寧に対応すること,力関係のある中で力に物を言わせないこと,泣き寝入りしないこと,そして,証拠を保全することなど,弁護士として大切なことを身をもって学んだように思います。これを糧にして,今後一層精進してまいりたいと思いますので,今後ともよろしくお願い致します(林 純子)。

■林弁護士の毎日新聞記事、第三者機関で審議へ
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yanaihitofumi/20160225-00054717/

3. (株)宏和商工 日立酒蔵見学会へ参加しました


 2月27日土曜日,快晴の天気の中,株式会社宏和商工(本社は池袋にあります)の酒蔵見学会に行ってきました。バス1台をチャーターして,茨城県日立市にある同社の酒蔵を訪問するこのイベントは,毎年恒例となり早くも6回目。当事務所は,毎回,大塚地域の人達と一緒に幹事役を務め,今年は,弁護士・事務職員5名が参加しました。
http://www.mylabel-kowa.co.jp/osake


 美味しい日本酒と那珂湊お魚市場での買い物を堪能すると共に,多くの参加者の方との交流も深めました。当事務所は,今後も地域との繋がりを大事にしていきたいと考えております(片岡 勇)。

4. 弁護士向け研修用DVDを発売


 株式会社レガシィより、原和良の講義DVD
「若手から相談をよく受ける所長弁護士が明かす 法律事務所経営の失敗事例と未然防止策」
https://www.legacy-taxport.fpstation.co.jp/products/detail.php?product_id=2155&cat=951
が発売になりました。

【内容】
1こんなはずじゃなかった事務所独立、法律事務所経営 
2失敗の類型
3経営・財務(経営分析等)
4依頼者・関係者との関係(期待値の管理等)
5労務管理
 ~共同経営者、勤務弁護士、職員との関係構築
 「2016年2月発売」「収録時間:60分」

* となりの弁護士2月号を更新しました。テーマは、「アメリカ大統領選挙」です。
* 事務所コラムを更新しました(タイ労働者保護法 田畑智砂)

*事務所では、ホームページで、法律コラム(月一回)の他、となりの弁護士(原和良)、弁護士田畑智砂のタイ駐在日記(田畑智砂)、磯部たなの漫遊記(磯部たな)、とある弁護士の独り言(菊間龍一)など各所属弁護士のコラム・ブログを掲載しておりますので、こちらもぜひご覧ください。


弁護士法人パートナーズ法律事務所ニュース 2016年02月29日配信号

○発行:弁護士法人パートナーズ法律事務所 東京都豊島区南大塚3-36-7 T&Tビル4F
○発行人:
弁護士法人パートナーズ法律事務所ニュース運営事務局
○お問い合わせ TEL:03-5911-3216 E-mail:info@p-law.jp


配信登録解除   登録情報更新

Email Marketing Powered by Mailchimp