Copy
お申込みの前に
それでは、
株式会社ソレナで販売する

「個人向けメニュー」の
お申込み受付を開始します。

メニューの詳細はこちら


あらためて簡単に説明すると、
販売するメニューは下記の4つです。

=====
①メディア顧問サービス
→メディアを持つという選択肢を持ち、会いたい人に会い、自然なコネクションを作る方法です。

②SNS発信顧問サービス
→Twitterとnoteを使い、ビジネスの種をていねいに育てる方法です。

③ビジネス再構築サービス
→SNS集客、高単価商品に縛られた働き方を見直すためのセッションです。

④ブランドエディター養成コース
→企業広報支援を通して、企業のブランディングに貢献します。
=====

加えて、

⑤進路相談プラン
も追加しました。

①~④のどれがいまの自分に
一番ピッタリか?

それを見極めるためのメニューです。
販売価格は一律同じです。

※それぞれ1回60分、
11,000円(税込)/1回の明瞭会計。
定員は5コース合わせて3名が目安です。



ここまでのメルマガを
すべてご覧いただけた方は
多少の疑問もあると思います。

「……1回、60分とは??」


基本的には毎回、1回ずつ、
都度のお申込みになります。

3ヶ月コースとかにするのも
一つのやり方ですが、

途中で止めたくなったときに
返金手続きするのも煩雑ですし、

気持ちが変わったところで
解約を申し出るのも負担ですよね。

なので、1回ずつのお申込みです。

もちろん、1回だけ話を聞いて、
それで終わりでもOKです。

反対に、中長期でコミットして
3ヶ月とか6ヶ月の伴走でもいい。

使いたいようにこのメニューを
利用してもらえたらと思います。


連続でコースメニューみたいに
参加したい場合は、

初回のセッション後に
回数券制で、

3回、5回ぐらいまでの
まとめ買いは可能にしようと思ってます。


1回目のセッションから
1ヶ月以内に次のお申込みがなければ
そこで完了とみなし、

以後は再びメルマガでの販売が
開始するまでは「お申込み不可」と
なりますので、よろしくお願いします。



カリキュラム的なことも
気になる方がいらっしゃると思います。

基本、一人ひとり進み方が
ちがうと思うので、

初回のセッション時にヒアリングし、
その人に合った回数や内容をご提示
させていただきます。

その他、注意事項は
お申込みフォーム内に掲載して
おりますのでご確認ください。




とはいえ!!

よくわからない状態で
11,000円(税込)を支払うのは
抵抗がある、、

という方もいらっしゃるでしょう。


そこで、

超久しぶりに私の
ビジネスアカウントのLINEを公開します(笑)

そこでやりとりできるので、
不安がある方は質問してください。


ただ、土日・祝日は休み。

平日も10:00-16:00 以外は
時間外営業になるため返信は
できませんのでご了承ください。


下記のURLから友達追加すると、
私にLINEが送れると思います。
https://lin.ee/fiNYNGM


なんか……昔のなつかしい
画像がタイムライン的な場所に
出てくると思いますが、

どうか気にしないでください(苦笑)


それでは、下記、
お申込みフォームになります。

https://ws.formzu.net/sfgen/S93388969/


<注意>
※受付終了後は、フォームは削除します!


 
箸休めのメッセージ

ここからは、

個人向けメニューに
興味がない方に向けて、
メッセージを綴っていきます。

いつものメルマガみたいに
考えてもらえたらと思います。

個人的に大ニュースと思える
ことがなければ、

また3~12ヶ月ぐらい
メルマガ書かないと思うので(笑)




そういえば
何回か前のメルマガで、

法人、企業とのお仕事、
BtoBはつまらないっていう人も
多いけど、

私は楽しい、

ってことを書いたと思います。

「……それってなんで?」

というお話を、少ししようかなと。


私が最近よく一緒に
お仕事をさせてもらってるのは、

・スタートアップ企業
または
・創業10年以内のベンチャー企業

が多いです。

規模はだいたい、
社員数が20~150名ほどで
年商が1~10億円の間ぐらいと思います。

経営者さんか、
広報担当さんとのやりとりが中心。

インターンの学生も
1人~10人ほどいる印象です。


なんで一緒に仕事をしていて
楽しいかというと、

めっちゃ刺激が
あるからだと思ってます。


ほとんどが急成長フェーズで、
年間に10~30人ぐらい採用を
していたりするんです。

全員が全職種を兼任するような
社員数名の規模から、一気に会社
らしくなるフェーズ。

あるようでなかった制度が、
どんどん整備されていくフェーズ。


大学生のインターンも個性が
めっちゃ強くて、

学生だけど起業していますとか、
プログラミングとUI/UXデザインの
両方ができますとか、

会社の中にある一事業を
インターンだけで回してますとか。

なんか、忘れてしまった何かを
思い出しかけるような感覚。


みんな、超!青春してるんです。

だからTwitterのやりとりも
毎回、楽しくてしょうがない。

エキサイティングって意味で。




スタートアップやベンチャーは
お金の使い方がシビアです。

1万円を払うのにも、
すごくシビアな目線で検討します。

正直、個人事業主でそこそこ
売れている人のほうがお金に余裕
があるようにさえ見えます。

でも、その感覚がいい。


ほんとにいいものじゃないと
売れないというか、

煽って、盛り上げて、
楽しいよ!一緒にやろうぜー!

なんてテンションは許されない(笑)

それが心地いいんですよね。




そしてもちろん、

個人の方の活動だって
魅力的なところがたくさんある。


想いを大切にしている
活動家は、個人の人たちが一番
強いなって思います。


スタートアップのほうが
じつは社会性も含めて本気の
ミッションやビジョンだったり
するのだけど、

やっぱりIPOを目指してたりするし、
VCからのしがらみがあったりもする。

そういう意味で、
いちばん自由なのが個人の
スモールビジネスなんじゃないかって。





だから個人的な願いとして、


どうかそんなに

「稼ぐ」とか「売上」とか、
「年商」「月商」のアピール、

集客できましたとか、
秘密を知りたければ登録をとか、

どうか、どうか、止めてほしいなと思う。
(※超・個人的な願いです)


私が伝統メディア「Soléna」を
運営し始めた背景には、
そんな想いがあったりもする。
https://media.solena.jp/


少し古い表現だけれど、
スタートアップ企業の反対語として

「ゼブラ企業」
という表現が流行ったことがあった。


売上(経済)と社会課題解決の
両方を追う経営スタイルを実践
している企業で、

「Soléna」で一番最初に
取材をさせてもらった

・株式会社和える(aeru)

さんは、まさにゼブラ企業の
代表的な会社の一つだと思う。


最近は少しニュアンスは違うけど、
CSV経営っていう概念で、

キリンビールホールディングスさんが
本格的な取り組みを始めている。

noteがもう、
最高で、最高で……!!
https://note-kirinbrewery.kirin.co.jp/


ぶっちゃけ、

社会に大きなインパクトを
与えることができるのは大企業です。

そして、ニッチなところから
局所的にインパクトを出すのが
ベンチャーやスタートアップ。

個人が社会に与えるインパクトは、
ほぼゼロに近いと思ってる、正直。


でも、
本気の革命家みたいな一人が、

ベンチャーやスタートアップと
協働しながら社会に働きかけ、

さらには大企業も巻き込んで
大きなアクションにつながることが
あるかもしれない。

そこまで壮大じゃなくても、

小さな活動が日本の未来に
つながるような、

周りの人たちのたしかな笑顔に
つながるような、

そんな活動を真摯に目指せる
個人の活動家を応援できたら。

そんなふうに考えています。




何回か、お伝えしたことが
あると思います。たぶん。

「ソレナが運営する伝統メディアは、中長期の10年後を見据えた企画なんです」と。


それは、

タイミングを見計らい
BtoC企業として生活者に貢献し、
社会に働きかけるための布石。

「商品部」を組織して、
ビジネスとして小売とかそっちに
挑戦できたらと構想してるから。

でも、いまやってもあまりに
勝算がなさすぎる。。


だけど、メディア運営をしながら
コネクションを強固にしていって、

ライティング事業のビジネスでも
信用を積み上げて、とやりながら、

チャンスを見極めることはできる
と思ってる。


そんな感覚で、個人の方も、
せっかく個人で自由なんだから、

おもいっきり夢を描いてほしい。
そのための確かな準備を進めてほしい。

そんなことを思うんです。




夢を、夢を描きましょう。

そして現実をたしかに捉え、
着実にこの世界で信用残高を蓄え、
チャンスを見極める。


短期のキャッシュを、
目の前の稼ぎに追われない生き方を、

どうか、どうか、目指してほしいと思う。


では、そんな感じで。


本日もメールを読んでくださり、
どうもありがとうございました!


またそのうちに!

 
note を読む
Twitter
Facebook
Website
Copyright © Solena Co., Ltd. All rights reserved.