Copy
ところで、起業の前提の話
ここのところ、

メルマガの内容がすこし
ぶっ飛んでた感があったので
ちょっとまともに書きます。。

というのも、

私のなかではこのメルマガを
読んでいる人たちは

・すでに起業塾を卒業している
・起業コンサルを受けたことがある
・自分で事業をやっている

ということが
前提だと思って書いています。


でも当然そうじゃない人もいると
思うので、少し起業の前提知識について
書いてみたいと思います。

初心者向けとか入門書ってわけでなく、
手引書として書いたのは、

これから書く内容が難しいか
かんたんかはべつにして、

知ってなければそもそも話に
ならないのでは……ということを
お伝えするためです。

でも、そのあたりを前提知識として
持っているほうが、

きっとこのメルマガを読むことの
意味が感じられるかなと思ってます。

(……理想論や独立系・個人事業主の
枠を超えた話ばかりしているので)




さっそくですが、
いきなり話を脱線させます(笑)

というのも、
起業コンサルをしていたときに

「なぜこんな優秀な会社員の方が
個人起業で苦労するんだろう???」

という疑問がずっとあって、
その解が少し見えてきたからです。


私なりの結論は、
そもそも求められている能力が違う
ということです。

会社員に求められるのは、
既存事業を伸ばす力であって、
いわゆる「改善」のスキルです。

一方で独立や起業の文脈は
「アイデアを形にする」スキルです。

大企業の中でも新規事業が生まれない
のは、それだけ使うスキルが違うから。


つまり、

起業して月商100万円とか
そんなことを期待する以前に、

「起業に必要なスキルを獲得すること」
にフォーカスできるかどうかが大事です。

そのための授業料を、
大企業は社員研修としてウン千万円も
毎年投資していたりします。

個人で学ぶなら、
30万円、50万円、100万円と払っても
当然の対価レベルです。

ただ、そんな情報もいまでは無料で
手に入るような時代になりました。


「素養」があれば、

無料で手に入る情報を事業に反映
させることができる世の中です。

でも「素養」がなければ、
それはただの無料で価値のない情報。

だから今日はこのメルマガで
「素養」を部分的にでも学んで
もらえたら嬉しいです。

(学んでもらえたら……と
上から目線なのはご容赦ください。。)


では、さっそく始めていきます。

 
「両輪」って、そういうこと

私はこれから「両輪」のうち、
片方の輪の話をしていきます。

「行動意思決定論」と
「消費文化理論」があるなら、

今日は「行動意思決定論」側です。


もっとかみ砕くなら
意味とか文化とか物語の話じゃなく、

マーケティング的な話です。





すごくロジカルに考えるなら、
まず考えなくてはいけないのが

「どのビジネスモデルを選ぶの?」

ってことです。


ビジネスモデル、なんて書き方を
すると仰々しいですけど、

「●●さんみたいな起業の仕方を
したいんですっ!」

って感じで大丈夫です。


そしておそらくですが、
個人起業家やSNS集客という
キーワードに興味がある時点で、

そのビジネスモデルの範囲は
極端に狭くなります。


たいていは「講座ビジネス」に
なるのではないでしょうか。


ボディワーク系のサロンを
やってきたけど、講師もやりたい。

お稽古サロンをやってきたから
その運営ノウハウを伝えたい。

コーチングやカウンセリング、
心理学を活かしてセッションしたい。

全部、講座ビジネスの
ビジネルモデルになってきます。


正直なところ、
ビジネスとして成立するモデルには
決まりきったカタチがあります。


講座ビジネスを選んだ時点で、

集客は必要になるし、高単価の商品を
設計する必要が出てくるし、

Zoomを活用したセミナーや説明会、
フォローアップもできたほうがいいし、

自分の稼働時間を安定させるには、
メルマガやLINE、動画を使った自動化も
視野に入れる必要があります。

この枠から外れるのがイヤなら、
そもそもやらないほうがいいぐらいです。

(起業って自由なようで不自由です)




ただ、ビジネスモデルの本とかを
読めばすぐに気づくと思いますが、

いくら決まりきった形があるとはいえ、
数百はモデルがあります。

そのうちの1つに固執することに
あまり意味はないので、そういう意味で
もっと柔軟な発想も必要と思います。


お遊びじゃなく起業を勉強したい人は、

チャーリーさんのビジネスモデル図鑑や
黒澤さんのマーケティングトレースを
読んでみるといいと思います。

・チャーリーさん
https://note.com/tck/

・黒澤さん
https://note.com/tomokikurosawa


もし自分のビジネスプランを
人に話してみて、

「え、それ利益どうやって出すの?」
って言われたら再考の余地ありです。

ちなみにですが、
「それ暴利行為では……」

と言われても再考の余地ありです(苦笑)




ビジネルモデルの型を
どれにするかが決まったら、

次に考えるのが「商品」です。

ここが一番やっかいです。

「集客」が大変だと思う人は多い
ですが「商品力」にそもそも問題が
あることのほうが圧倒的に多いです。


たとえばですが、

資格を取得したとか技術を学んだ
ばかりという時点では、

「市場に出していいレベルではない」
と思ったほうがいいです。


本来ビジネスをしたいなら、

そういう技術やスキルがある人を
チームに入れて、商品面は任せて
しまうほうがいいぐらいです。


でもどうしても自分でやりたい、
自分の市場価値を試したいから
「自分でやる」を選択してしまう。

ゆえに、

無料でセッションや講座を提供したり、
数千円のメニューを考案したりする。

これはビジネスをするならば
「絶対にやってはいけない!」です。


ただし、ビジネスをするんじゃなく、
将来のために商品力を磨くという意味
では正解だと思います。

(ややこしいですね)

だから無料や数千円の単価でやるなら
副業でのスタートをお勧めしたいのですが、

起業ブームのときはみんな
すぐに会社を辞めてしまい辛かったです。。




ビジネスモデルと商品が
揃ってしまえば、

次に「集客」を考えますが、
そのときに思い出してほしいこと
があります。

それは

「売上=客数×単価×リピート率」

の公式です。
懐かしい~って人も多いでしょう(笑)


基本的に売上を安定させ、
事業を盤石なものにするのは

「リピート率」が高いビジネスモデルです。

つまり、

講座ビジネスを選んだ時点で、
とても不安定で土台が弱い仕事を
選んだと思ってもらったほうがいいです。


もちろん講座ビジネスにも

・オンラインサロンで集客
とか
・会員制のフォローアップ体制
とか
・コンテンツの自動化

で安定させましょうって話はありますが、
けっこうなスキルが求められます。

(コミュニティマネジメントや
カリキュラムの構築・運用スキルなど)


一方でフリーランスはなぜ安定
するのかというと、

継続的な案件を複数もらえる環境を、
複数社からもらえる働き方だからです。

「複数社から、複数の仕事を」です。

2社から毎月4つの仕事をもらえれば、
毎月8つの仕事があるわけです。

単価が平均して3万円の仕事なら、
これだけで月24万円ぐらいが報酬として
受け取れるわけです。

これが4社になれば月48万円です。
(体力の限界を感じたら単価を上げる)


これは、講座ビジネスで一定の収益を
稼げるようになった人が法人向けにBtoB
を展開する理由でもあると思います。

講座ビジネスがBtoBに参入すると、
多くの場合でコンサルポジションになります。

案件にもよりますが、
1社あたり10万円~1000万円の範囲で
お仕事依頼があるわけなので、

もし年商1000万円を目指すなら、

信用してもらえている企業から毎年
定期的に研修をもらったほうが事業は
安定するというわけです。


ただ、フリーランスもBtoB事業も
基本は受託型のクライアントワークです。

好きなことを好きにやりたい人には
あまり向いてないかもしれません。




で、「集客」の話に戻りますが、

新規集客は一番コストがかかるので、
ふつうは積極的にやらないものです。

でも、講座ビジネスはそれを
ある程度やり続けなければいけない。

だからブログとかインスタとか、
メルマガって話になるんですよね。


ただ、基本的にはネット集客って
あまり最初に手を出す領域じゃありません。

もし会社員を辞めてしまって
独立している状態なら、なおさら
やるべきことではありません。


集客をするなら、資産が必要です。

お金があれば広告ですが、
なければ人脈とかコミュニティとか
そういうものが資産になります。

ブログの読者、SNSのフォロワー、
メルマガリストやLINEの友達数とか。

この資産を作ってるあいだに、
ほとんどの場合は廃業しちゃいます。

(なので、起業する前に資産作りを
副業時代からやることを勧めたいけど
みんなすぐに辞めちゃうんですよね。。)


資産がないなら、他人の資産を
使って集客をするのがセオリーです。

よくあるのが、

1. 起業塾に入塾します
2. 講師に一目置かれます
3. 講師がメルマガで紹介してくれます
4. ここで経験と初期資産を作ります
5. 初期の実績をウリに高単価で集客します
6. 少しずつ集客できる資産ができあがります
7. ついに自分の資産だけで集客=独立です


ポイントは、
資産がある人と組むからレバレッジ
が効くのであって、

資産がない同士でいくらコラボを
してもそれは非常に時間がもったいない。

このあたりの見極めが
集客資産がない人にとっては必要です。


一方で、

商品力を磨くために3年、5年と
無料セッションを提供してきた人は、
いつの間にか集客資産も築けています。

急がば回れ、とはまさにこのことです。




と、今日はいろいろと
基本的なことを書いてきました。

これらは

「起業・新規事業立ち上げ」のスキルです。


残念ながら、

立ち上げた事業の売上を
伸ばし続けるのは、また別のスキルです。

(ここで会社員のスキルが役立つ!!)


なので、立ち上げは得意だけど、
事業がぜんぜん伸びない独立系の
個人事業主はけっこう多いです。

たぶん、年商1000万円がゴールに
設定されることが多いのは、

このあたりも理由な気がしています。
(飽き性だと事業を継続できないのです……)



いままで(2016年頃まで)
散々こういうことは書いてきたし、

ほかの人も言っていることなので
このメルマガではあまり書きたくは
ないのですが、

でもこのあたりのことは
最低限の知識として持っている前提で
このメルマガを書いているのも事実です。

ぜひ、今回の内容が参考になった方は
今後の活動にお役立ていただければ幸いです。


それでは、また会いましょう!


 
note を読む
Twitter
Facebook
Website
Copyright © Solena Co., Ltd. All rights reserved.