Copy
このメールが正しく表示されない場合はこちらへ
2020 小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト XVIII 
プレスリリース No.6

2020年1月28日(月)
小澤征爾音楽塾展2020 第2部 OPEN!

 来る3月に上演の小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXVIII J.シュトラウスII世:喜歌劇「こうもり」に合わせ、昨年12月からロームシアター京都 3Fミュージックサロンで開催されている「小澤征爾音楽塾展2020」。1月28日(月)より第2部がオープンいたしました。
 第2部では、これまでの「こうもり」公演で実際に使用された衣装をお客様に試着頂けるコーナーを開設。女性キャストがドレスの上に着用する紫色のケープと、パーティーの場面で男性キャストが着用するオーバーコートを、それぞれ1着ずつご用意いたしました。写真撮影も可能ですので、「こうもり」の大きな場面写真を背中に、ぜひ出演者の一人となった気持ちで撮影ください。
 合わせて、小澤征爾塾長が過去の音楽塾公演で着用した森英恵さんデザインの衣裳も展示しており、第1部に足を運んで下さった方にも楽しんで頂ける内容となっています。

 第1部からは引き続き、装置(セット)の制作図面、衣装のスケッチや過去写真、音楽塾の成り立ちをまとめたパネルなどが展示。過去公演の貴重なプログラムも閲覧可能です。塾長・小澤征爾使用の譜面(コピー)は第1部のみ展示の予定でしたが、ご好評につき第2部でも引き続き展示をしております。
ご来場をお待ちしております。

【小澤征爾音楽塾展2020】

第1部 2019年12月10日(火)~2020年1月23日(木) ※終了
第2部 2020年1月28日(火)~2020年3月25日(水)

会場:ロームシアター京都「ミュージックサロン」(パークプラザ3階)
開場時間 10:00~19:00 ※入場無料

※休館日:なし

《同時開催》2000年から2020年までのポスターを展示(1階プロムナード)
第1部展示内容(一部):
・3月の公演 小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXVIII J.シュトラウスII世:喜歌劇「こうもり」の舞台で実際に使用する衣裳、小道具(仮面、懐中時計など)の展示
・塾長/指揮 小澤征爾が使用する「こうもり」の楽譜(コピー)
・装置(セット)図面(1986年 メトロポリタン歌劇場での新制作のために手書きで書かれたもの) など

第2部展示内容(一部):
・「こうもり」衣裳試着コーナー(「こうもり」で使用された衣裳(男性・女性用1着ずつ)を、実際に試着していただき、公演の一場面を切り取った大きなパネルの前で撮影ができます)
・塾長 小澤征爾が公演時に着用した衣裳
・装置(セット)図面(1986年 メトロポリタン歌劇場での新制作のために手書きで書かれたもの)
・衣装デザイン画
・小澤征爾音楽塾の成り立ち(パネル解説)など
主催:公益財団法人 京都市音楽芸術文化振興財団/公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション
協賛:ローム株式会社 協力:株式会社ヴェローザ・ジャパン
プレスパス申請開始
 2020年3月公演の小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXVIII J.シュトラウスII世 喜歌劇:「こうもり」 ご取材ご希望のプレスの方は、下記プレス登録フォームにご記入・ご登録下さい。
 ご登録頂いたプレスの皆様には、2020年公演のご取材可能リハーサル/公演のご案内(メール)と、プレスキットの送付をさせていただきます。

登録締め切り:2020年2月4日(火)
プレスパス申請はこちら
小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXVIII
J.シュトラウスII世:喜歌劇「こうもり」

ROHM CLASSIC SPECIAL
[全3幕]原語(ドイツ語)上演/字幕付
音楽監督・指揮:小澤 征爾
指揮:クリスティアン・アルミンク
演出:デイヴィッド・ニース    
装置:ギュンター・シュナイダー=シームセン
衣裳:ピーター・J・ホール
照明:高沢 立生      
振付:マーカス・バグラー
管弦楽:小澤征爾音楽塾オーケストラ 
合唱:小澤征爾音楽塾合唱団   
ロザリンデ:ウェンディ・ブリン・ハーマー
ガブリエル・フォン・アイゼンシュタイン:
アドリアン・エレート
アデーレ:アナ・クリスティー
アルフレート:ジョン・テシエ
オルロフスキー公:エミリー・フォンズ
ファルケ博士:ラッセル・ブラウン
フランク:デール・トラヴィス
ブリント博士:ジャン=ポール・フーシェクール
イーダ:栗林 瑛利子
フロッシュ:マツコデラックス
※小澤征爾は音楽監督としてリハーサル及び指揮に携わり、公演では一部を指揮する予定ではおりますが、当日の体調次第では指揮できない場合もございます。
※出演者等、記載の内容は2019年11月15日現在の予定です。病気、怪我等の事情で出演者が変更になる場合がございます。
公演開催日・チケット発売情報
公演日
2020年3月20日(金)15:00 開演 ロームシアター京都 メインホール  *公演後バックステージツアー開催予定
2020年3月22日(日)15:00 開演   ロームシアター京都 メインホール
2020年3月25日(水)18:30 開演   東京文化会館 大ホール ※完売
2020年3月29日(日)15:00 開演   愛知県芸術劇場 大ホール 
※各公演の開場時間は開演時間の1時間前。

チケット発売開始:2019年12月14日(土)10:00 ※絶賛発売中!
チケット料金(全席指定・税込み)S ¥25,000​ A ¥21,000​ B ¥17,000​ C ¥13,000 D ¥8,000 U25席 ¥3,000(座席指定不可・窓口販売限定・当日ご来場時に年齢確認あり・お一人様1枚限り)
※各公演のチケット購入方法・問い合わせ先に関しては、公式リーフレットまたは、公式ウェブサイトをご確認ください。


主催:小澤征爾音楽塾/ヴェローザ・ジャパン 東海テレビ放送(名古屋公演)
京都市/ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)(京都公演) 
共催:公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション
協賛:ローム株式会社
後援:ニッポン放送
 (東京公演)
協力:ANA
企画・制作:ヴェローザ・ジャパン 
あらすじ =全てはシャンパンの泡のせい!= 

 時は1874年の大晦日。アイゼンシュタインは些細な罪で刑務所に入らなければならなくなりました。入所する前日、アイゼンシュタインの元を友人のファルケ博士が訪ねてきます。「ロシアの大貴族オルロフスキー公爵が開く楽しいパーティがあるから、入所前にこっそり行こう」と誘い出すファルケ博士。妻ロザリンデには「刑務所に出頭する」と深刻そうに言いながら、でも実はウキウキとパーティに向かったアイゼンシュタイン。彼が出かけた後、家に残されたロザリンデのところに、彼女の元恋人アルフレートがやって来ます。まるで本当の夫のように振る舞うアルフレート。するとそこに、アイゼンシュタインを連行しに刑務所長がやって来ます。今更「本当は夫ではない…」とも言えず、なんとアルフレートは刑務所に連行されてしまいます。
パーティ会場でアイゼンシュタインの心を射止めたのは、仮面を付けた美しいハンガリーの貴婦人。しかし、この貴婦人の正体は何を隠そう、妻ロザリンデ。実の妻であることに気づかず、アイゼンシュタインは必死に口説きます。実はこのカラクリのすべては、ファルケ博士の仕組んだ壮大な”仕返し”でした。”仕返し”の真相は!? そしてその結末は…!? 粋な大人たちが巻き起こす騒動をお楽しみに!
「子どものためのオペラ」
小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXVIII
J.シュトラウスII世 喜歌劇:「こうもり」より
ROHM CLASSIC SPECIAL
2020年3月13日(金)11:00 /14:00  開演 
ロームシアター京都 メインホール

音楽監督:小澤 征爾 
指揮:ケンショウ・ワタナベ
演出:デイヴィッド・ニース 
管弦楽:小澤征爾音楽塾オーケストラ
対象:京都の小学生を対象に無料招待(一般販売なし)
※出演者(歌手)は、上記の有料公演とは異なります。
※原語上演、字幕付き ※教育プログラムのため、一般の方のご入場はできません。

主催:小澤征爾音楽塾/ヴェローザ・ジャパン
   京都市/ロームシアター京都(公益財団法人 京都市音楽芸術文化振興財団)
共催:公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション
協賛:ローム株式会社
小澤征爾音楽塾について
 小澤征爾音楽塾は、ローム株式会社の佐藤研一郎社長(当時・現名誉会長)と小澤征爾がオペラを通じて若い音楽家を育成することを目的に、2000年に立ち上げた教育プロジェクト。恩師カラヤンの教えである「交響曲とオペラは車の両輪のようなもの」を持論とする小澤が「教えること」に生涯を捧げたもう一人の恩師 齋藤秀雄のスピリットを受け継ぎ、若い音楽家たちとともに学ぶ場として開催しています。
 毎年、国内外でのオーディションで選ばれたアジア諸国(日本、中国、台湾、韓国)の若い音楽家たちでオーケストラを結成し、小澤征爾とサイトウ・キネン・オーケストラメンバーをはじめとする演奏家のもとで指導を受け、分奏や歌手とのリハーサルを重ねながら、世界の歌劇場で活躍するオペラ歌手や演出家と共に高水準のオペラ「小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト」を創り上げます。小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトはこれまでに17回開催され、モーツアルト:歌劇「フィガロの結婚」をはじめ、11のオペラ作品とマーラー: 交響曲 第2番「復活」を上演しています。
 半導体メーカーのローム株式会社(本社:京都市)及び公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーションは、2000年の設立以来、継続的に本プロジェクトを支援しています。小澤征爾音楽塾は、2016年1月にリニュアルオープンしたロームシアター京都を制作拠点とし、京都をはじめ全国で公演を開催しています。さらに、2015年以来、京都の小学生を対象とする「子どものためのオペラ」公演(無料)を実施しています。
お問い合わせ
㈱ヴェローザ・ジャパン/小澤征爾音楽塾(広報担当:関 歩美)
〒157-0066 東京都世田谷区成城5-8-17 フォーレスト成城3F
電話:03-6411-5445 Eメール: pr@verozajapan.com
Website Website
Facebook Facebook
Twitter Twitter
Instagram Instagram
このプレスリリースは、今まで小澤征爾音楽塾やセイジ・オザワ 松本フェスティバルを取材して頂いた方や事務局がお名刺を頂いた方に配信されています。
配信停止ご希望の方は、こちらまでご連絡ください。
掲載記事の無断転用、転載はお断りいたします。

 






This email was sent to <<Email Address>>
why did I get this?    unsubscribe from this list    update subscription preferences
OMF · 5-8-17 3F · Seijo · Setagaya, Tokyo 157-0066 · Japan

Email Marketing Powered by Mailchimp